機能もデザインも欲張る掃除機

魅力的でも一度考えよう

新しいから良いとは限らない

新しくてより便利になったからといって、すぐに飛びつくのは得策ではありません。
新型モデルに改良するために、それまで付いていた機能が無くなってしまうこともあります。
せっかく気に入っていた機能や使い勝手が変わってしまえば、魅力を感じなくなってしまいますよね。
自分に合った掃除機を選ぶことは、家事ストレスを軽くしたり、掃除が楽しくなるなど、利点がたくさんあります。
また、使い慣れているメーカーだから、といった点で選ぶこともありますよね。
メーカーは自信をもって新しい製品を発売しますが、自分のニーズに必ずしも合っているとは限りませんから、よく検討することが大切です。
毎日使うものですから、自分が一番と思える掃除機を使いたいですね。

住まいに合わせた掃除機を選ぼう

例えば、大きなお屋敷に小型の掃除機では、掃除自体が大変になります。
一方でワンルームの一人暮らし世帯に強力な吸引力の大きな掃除機は必要ありません。
どんなに便利でどんなに気に入ったデザインでも、あくまで掃除をするものですから、部屋の大きさや形状に合わせた商品を選ぶことが大切なのは、今も昔も変わらない大切な事です。
場所によって使い分けるために複数台所有する手もありますが、置いておくスペースに余裕があればの話ですし、お手入れにも手間がかかってしまいます。
何より、できるだけ簡単に、かつ効率的に掃除をすることが目的であって、掃除機の収集をしたいわけではありません。
どの形が我が家に一番合っているか、トレンドだけでなくしっかりと見極めたいですね。